日々の保育-教育目標を実践する機会-

日々の保育

礼拝
「聖書の教え」を学びます。毎日、たくさんの人のためにお祈りします。

さまざまな聖書の物語を通して、子どもたちに「聖書の教え」を分かりやすくお話ししています。ポイントは、誰もが神さまに愛されているかけがえのない存在だということ。
子どもたちは、その精神を少しづつ理解し、生活のさまざまなシーンで発揮できるようになります。
子どもたちは、自分のため、家族のため、お友だちのためにお祈りします。困っている人や寂しい人たちのためにも、毎日お祈りします。
「大好きなみんなが、仲良く元気に笑顔でいられるようにお守りください。」
「楽しいことがいっぱいありました。ありがとうございます。」
「今日休んでいるお友だちが、早く元気になれるようお守りください。」
「意地悪をしてしまいました。ごめんなさい。」
「本気でがんばれるように助けてください。」
子どもたちのお祈りには、「やさしい心」「きれいな心」「つよい心」があふれています。

  • 礼拝
  • 礼拝
  • 礼拝
  • 礼拝
  • 礼拝
    礼拝
  • 礼拝
    礼拝