日々の保育-子どもたちの心を育むステージ-

日々の保育

ひかり幼稚園には、運動あそびや音楽、読書、英語、絵画&制作など、さまざまな活動があります。これらの活動を行う日々の保育は、子どもたちの心を育むステージです。このステージのうえで、教師は「やさしい心」「きれいな心」「つよい心」を育むために、言葉を大切にして保育を行っています。言葉はひかり学園の教育の軸なのです。

保育の基本スタイルは、クラスごとの「集団一斉保育」です。クラスでの活動は、協調性や社会性を育み、小学校での生活に直接結びつきます。さらに、クラスの枠を外して同年齢や異年齢で過ごす機会も設けています。子どもたちは、クラスという枠の内外でさまざまな人間関係をつくり、3つの心を育みます。また、「もっと頑張ろう」という心のアクセル(意欲)と、「我慢しよう」と思える心のブレーキ(自制心)も身につけていきます。

日々の保育