幼稚園部

日々の保育

礼拝

「聖書の教え」を学びます。毎日、たくさんの人のためにお祈りします。

さまざまな聖書の物語を通して、子どもたちに「聖書の教え」を分かりやすくお話ししています。ポイントは、誰もが神さまに愛されているかけがえのない存在だということ。
子どもたちは、その精神を少しづつ理解し、生活のさまざまなシーンで発揮できるようになります。
子どもたちは、自分のため、家族のため、お友だちのためにお祈りします。困っている人や寂しい人たちのためにも、毎日お祈りします。
「大好きなみんなが、仲良く元気に笑顔でいられるようにお守りください。」
「楽しいことがいっぱいありました。ありがとうございます。」
「今日休んでいるお友だちが、早く元気になれるようお守りください。」
「意地悪をしてしまいました。ごめんなさい。」
「いっぱい考えられるように助けてください。」
子どもたちのお祈りには、「やさしい心」「きれいな心」「つよい心」があふれています。

運動あそび

「体を動かせば心も動く」。走る、跳ぶ、投げるという運動基本能力を身につけていきます。

プール遊び、泥んこ遊び、全身に絵の具を塗り合うボディペインティング。
どの季節も、広い園庭には子どもたちの歓声が響き渡ります。
登り棒や鉄棒、うんていなどの遊具は、子どもたちの体力づくりの強い味方です。
ひかり幼稚園では、遊びを通して体を動かす楽しさを伝えると同時に、腕力や脚力などの運動基本能力も高めています。

「オフィス星野」から講師を招いてのヒップホップダンスは、子どもたちが楽しみにしている時間の一つです。
年長児には、「レイスポーツクラブ岡山」のスイミングレッスンの時間も設けています。

「体を動かせば、心も動く」。体を動かすことは、子どもたちの豊かな心を育てます。

音楽

さまざまな楽器を演奏し、感性を育てます。音楽会はその晴れの舞台です。

歌や合奏は、心の表現そのものです。
合奏は、音楽の感性を育てていくばかりでなく、お互いに相手が出す音を聞き合い、ひとつの作品に作り上げる中で、思いやりや協調性も育てます。
ひかり幼稚園の子どもたちは、日々の保育で讃美歌をはじめ、数多くの歌を覚え歌います。また、自分たちで小さな楽器づくりをして音を楽しみます。
そして好きな楽器でいろいろな楽曲を楽しみながら演奏して、音楽の楽しさを深めています。
年長児は、本格的なクラシック音楽や映画音楽にも挑戦しています。

「褒めると伸びる。叱ると縮む」がモットーの阿部郁樹先生(ドルチェ音楽研究所・福岡市)を招いて、合奏指導を行ってます。
2月に開催する音楽会は、日々の練習を披露する晴れの舞台。
年長児にとっては、卒園式を控えたフィナーレとなる園行事です。

絵本

2園合わせて1万冊。いつでも絵本に親しめる環境が、子どもの心を豊かにしていくきっかけをつくっています。

いつでもどこでも絵本に触れられることが、関心や興味のアンテナを伸ばしたり、創作活動や遊びにつながったりと、子どもたちの心を豊かにしていくきっかけになります。そのために、2園合わせて約1万冊の絵本を所蔵しています。
日々の園生活での読み聞かせはもちろん、ゆったりとしたスペースの図書室を設け、子どもたちが思い思いに絵本に親しめるようにしています。
また、月3~4回、絵本の貸し出しを行っているのは、ご家庭でも保護者の皆さんと子どもたちに物語の世界を楽しんでほしいからです。

英語

五感と体を使って英語を楽しむレッスンを行うトレバー先生は、子どもたちに大人気です。

「How are you?」「What’s your name?」。英語のレッスンは、トレバー先生が子どもたちに話し掛けるこの言葉で始まります。
「取り組むなら、英語も本物を」。この考えに基づいて、就学前の子どもの英語指導に実績のある「ランゲージパートナーズ」と契約。
「OK!Good job.」
カードゲームやリズム体操、じゃんけんゲームなど、五感と体を使って英語を楽しむレッスンを行うトレバー先生は、子どもたちに大人気です。

絵画&制作

じっくり時間を掛けて、納得できるまで描いたり作ったりして、子どもたちの創造性を育みます。

毎学期、数週間ほど継続して制作あそびをする期間を設けています。廃材や様々な材料を用い、色々な道具を使って、子どもたちは自分の好きなものをじっくりと作り上げます。教師は準備しすぎず、遊びを見守り、一人ひとりに「考えながら作ってみよう」と声をかけることで、子どもたちの発想力を育みます。また、子どもたちの想像力をかきたて、制作物の中に入り込みながら一緒に遊びます。
絵画もたくさんの枚数を描くのではなく、じっくり時間をかけて子どもたちが納得できるまで取り組めるように指導し、表現力を豊かにしていきます。

食育

食物アレルギーへの配慮はもちろん、安全と子どもの成長をとことん追求した「自然派給食」です。

食育への取り組みの一環として、ひかり学園は(株)セントラルフーズと共同で「自然派給食」を開発しました。
主食は、白米と玄米の混合で、出汁・魚・野菜を合わせた混ぜご飯の日もあります。
副食は、産地を明確にした国産食材を厳選。
さらに、乳、卵、ソバ、ピーナッツ、甲殻類を一切使用しないことで、食物アレルギーを持つ子どもも昼食を楽しめるようにしています。
調味料も可能な限り天然に近いものを採用し、旬を感じる新鮮な野菜やミネラル豊富な海藻類をしっかり摂れるようにしています。
また、豆類による植物性タンパク質と白身魚・青魚、鶏肉・豚肉などの動物性タンパク質を、バランスよく摂取できる献立にしています。
温かいものは温かく、冷たいものもそれを感じられるように留意し、さらに、食べ残しをしないように量を調整して配膳することで、子ども一人ひとりが「今日も全部食べられたよ」という達成感を感じられるように配慮しています。

月に一度のお弁当の日には家族の愛に感謝する気持ちを育てています。
また、再演での収穫体験を通して、命の素晴らしさや大切さも伝えています。

自然派給食7つのこだわり

自然派給食は「より良いものを」をテーマにひかり学園と(株)セントラルフーズの共同開発により絶えず進化を続けています。

  1. 玄米の栄養と白米のおいしさを合わせた主食にする。
    玄米と白米に野菜や海藻を合わせた混ぜご飯で栄養満点。ごはんに合うおかずの日はシンプルに「玄米+白米」の白ご飯にしています。
  2. 調味料を厳選する。
    シママース、精製度の低い黒砂糖、無添加味噌、備前味噌、だし昆布、瀬戸内産いりこ、無添加和風だし、だし削り、微生物の力で作られた熟成度の高い醤油など、厳選した調味料を使用しています。
  3. 旬の野菜・海藻をふんだんに使用する。
    「家庭ではこんなにたくさんの野菜を使うのは難しい。」と思えるほど沢山の野菜と、日常生活で不足しがちな海藻が入っています。
  4. 低コレステロール・高タンパクを目指す。
    植物性タンパク質豊富な大豆など豆類を多く用い、植物性タンパク質と、魚、鶏肉(鹿児島産/熊本産)、豚肉(鹿児島県産/岡山産)など良質な動物性タンパク質も使用します。油は、オリーブ油やごま油を使用。まっさらの油を使ったヘルシーな「揚げ物」もとり入れています。
  5. 国産・地産地消にこだわる。
    「目指せ地産地消100%」をスローガンに岡山県産の豚肉・野菜・豆類を旬の時期に合わせて採用。
    「顔が見える」農家・生産者の方から、米・大豆・味噌・ねぎ等を仕入れています。
  6. アレルギーのある子どもにも安心の給食にする。
    乳、卵、そば、ピーナッツ、甲殻類を一切使わないことを徹底しています。
    子どもたちに大人気のカレーも、永谷園の業務用A-Labelカレールゥ甘口(乳、卵、小麦、そば、落花生、大豆、香料、着色料、化学調味料を使っていません)を使用しています。
  7. 食事の温かさや冷たさを感じられる配膳給食にする。
    順番に並び、こぼさないように上手に自分の席に給食を運びます。
    「あったかいねぇ。」「おかわりすると、もっとあったかいよ。」食べ物だけでなく、心もあたたかい給食の時間です。

月に一度、幼稚園部全員お弁当の日を設け、家族の愛に感謝する気持ちを育てています。

セントラルフーズ