言葉-ひかり学園の教育の軸-

言葉

言葉で教えます。言葉を教えます。

古くから「かわいくば、5つ教えて、3つ褒め、2つ叱って良き人にせよ」と言われるように、褒めることや叱ること以上に、教えることが大切です。 そして教えるためには、考えることの基本であり気持ちを表現する大切な道具である言葉が欠かせません。 教師は日々の保育の中でたくさんの言葉を教え、また、聖書の教えと教育理念、教育目標を、心に響くように言葉を用いて伝え説きます。 子どもたちの「やさしい心」「きれいな心」「つよい心」を育むために、言葉を教え、言葉で教えるのです。

大好き
  • 言葉(大好き)

    おはよう。今日も大好き!

  • 言葉(大好き)

    大好き、大好き、ギューー!

幸せだね
  • 言葉(幸せ)

    今日も給食、おいしいね。みんなで一緒に食べられるって、幸せだね。

  • 言葉(幸せ)

    今日もたくさん幸せを見つけられたね。明日もいっぱい見つけようね。

ありがとう
  • 言葉(感謝)

    みんなきちんと並んで待ってくれてありがとう。

  • 言葉(感謝)

    順番を譲ってくれてありがとう。先生もうれしい。

考えてみよう
  • 言葉(本気)

    小さなお友だちとぶつかりそうになったね。どうしたらよかったかな?

  • 言葉(本気)

    どうやったら、もっとうまく回れるか考えてみよう。